ケンケン漁

ケンケン漁とは、一隻の船に1~2人が乗り込んで行なう曳縄釣一本釣漁法のことで、船を走らせ疑似餌をおどらせ、魚を誘惑して釣り上げます。

明治の末期(1908年)にハワイから帰国した小野七之助によって伝えられ、その後、様々な改良が加えられ、すさみ独特の潜航版と疑似餌の組み合わせにより漁法として確固たる地位を築くにいたりました。

また、ケンケン漁法によるすさみの『ケンケン船』は、全国漁業者の通用名となり、ケンケンと言えば『すさみのケンケン船』が代表するほどになっています。

カツオを1本ずつ丁寧に釣りあげて鮮度管理し、その日のうちに市場へ水揚げするため鮮度抜群!
明治にハワイの島民とともに改良した「ケンケン漁」は匠の技!

 黒潮に面する紀南地方沿岸では、春先に黒潮にのって北上するカツオを、地元で「ケンケン漁」と言われる引き縄釣り漁により、1本ずつカツオを釣りあげます。釣上げた後、直ちに活け締め・氷温保存し、その日のうちに市場へ水揚げされるため鮮度が抜群です。特に、刺身やたたきが絶品で、いきの良いモチモチとした食感はたまりません!地元で春の訪れを告げる魚として古くから愛されています。
 ケンケン漁の歴史は古く明治の初め頃、和歌山県の串本からハワイに大勢の人が移民し、その中の串本町田並の人達がハワイの島民とともに改良した漁法とされています。その後、明治41年(1908年)にハワイから改良されたケンケン漁を逆に田並に伝えて国内で広まりました。
 ケンケン漁の名称について諸説は色々とありますが、ハワイのカナカ語で羽を使ったルアーをケンケンと呼んでいたことや、水揚げ時にカツオが水面をケンケンするように飛び跳ねることともいわれています。

ケンケン漁とは、主に10トン未満の小型漁船で船の両側や中央から長い竿をはりだし、その竿から釣り糸で擬餌針をたらし、船を走らせながら、餌が泳いでいるようにみせてカツオを1本ずつ釣りあげる漁法です。

釣れたカツオは一匹一匹、丁寧に生け締めにされ、高い鮮度を保ったまま出荷されます。ケンケン漁と同じカツオ漁は、高知県など他の地域でも行われていて、一部では和歌山県から伝わったという話が残っています。

コメント

  1. […] 主にケンケン漁と呼ばれる や一本釣りで釣られる。 […]