ユザキ市場

和歌山県は、太平洋に向かって大きく張り出した
紀伊半島の西部に位置しています。

和歌山と四国との間には、魚介の宝庫ともいわれる
紀伊水道をはさみ、
南へ伸びる海岸線は太平洋の黒潮に洗われ、
古くより海と大きな関わりを持ってきました。

海のすぐ近くまで押しせまった山々は、
深く入り組んで、リアス式海岸となり、
その複雑な地形が磯に住む魚や、海老、貝などを育み、
黒潮は多くの回遊魚をもたらします。

そのため、数多くの魚種が獲れることから
魚介の宝庫と称されています。

その和歌山県にあって、ここ湯崎ではおもに、
一本釣りで鯛・イサギ・メジロ、
素潜り漁、禁漁期間を設けた伊勢海老の刺し網漁、
鰹のケンケン漁が行われています。

サスティナブル(持続可能)という言葉が
トレンドワードとなる昨今ですが、
魚介の宝庫と呼ばれる有数の漁場を目の前にしても、
水産資源の大切さを誰よりも知り、
持続可能な漁法をずっと貫いてきた湯崎の漁師たちは、
その言葉が広く知られる以前より、そして今でも、
海洋資源と共生する漁を実践しています。

ただ、水産資源を守る漁法であるが故に、
流通という壁にぶつかることも多いのも現状です。

幾多の困難に立ち向かいながらも、
持続可能な漁法を続ける
湯崎の漁師によって獲られた魚を
ぜひ知ってください。

湯崎の魚


湯崎の漁